2017年にリニューアルしました
HOME > 2017年にリニューアルしました

2017年にリニューアルしました

今回、患者様にとって最適な医療とお待ちいただくにあたっても最適な空間を提供できるように、リニューアルいたしました。これからも院長、スタッフ共に京都市左京区の皆様を中心とした患者さんの診療に心を重ねた医療を提供してまいります。

今回の主なリニューアル

1. 待合室~中待合、受付カウンター

耳鼻咽喉科内藤クリニック

待合室のソファを一新。L字型に配置することで、より多くの方に腰掛けていただけるようになりました。

耳鼻咽喉科内藤クリニック

受付カウンターも、ナチュラルテイストを基調にリニューアルしました。
カウンター上のモニターで、診療の進行状況をお伝えしています。

耳鼻咽喉科内藤クリニック
耳鼻咽喉科内藤クリニック

次の診察や、検査をお待ちになる場所(中待合)も、照明を明るくし、スツールは座面にクッション性があるものに変えました。ベンチは、処置用ベッドとしても使えるように、幅広のものを使用しています。

2. トイレ(おむつ交換台)
耳鼻咽喉科内藤クリニック

これまでおむつ替え用の専用スペースを確保しておらず、赤ちゃん連れの患者様にはご不便をおかけしていましたが、このたび、トイレに、おむつ交換台を設置しましたので、是非ご利用下さい。

トイレ内に立たれると窮屈ですので、洗面所側に立ってご利用下さい。その際に、洗面所入り口のアコーディオンドアを締めると、個室としてご利用いただけます。

使用済みおむつは、密閉式のゴミ箱をトイレ内に設置していますので、そちらにお捨て下さい。

3. 検査機器関連
レントゲン装置にFPD搭載しました
耳鼻咽喉科内藤クリニック
耳鼻咽喉科内藤クリニック

当院では開院当初からレントゲン撮影はデジタルレントゲン(フィルムの代わりにイメージングプレートを用いて、これをスキャンしてデジタル処理により画像を得る装置(CR)を使用しておりましたが、このたび、更に一歩進んだ技術を搭載した装置である、FPD(フラットパネルディテクター)を導入いたしました。FPDは体を透過したX線をダイレクトに受け取り、同時にデジタル信号に変換して、画像を描写します。これにより、より高画質な画像を、即時に供覧できるようになりました。

~FPDの特徴~

  1. 被爆の低減が可能
    FPDは従来の装置(CR)と比べてX線の感度が高いため、より少ないX線量での検査が可能です。(およそ30%程度、被爆を低減することができます。)
  2. 撮影時間の短縮
    従来の装置(CR)では、撮影後に画像が表示されるまで、1分30秒程度かかっていましたが、FPDでは数秒で画像が表示され確認することができます。 これにより、レントゲンを撮ったあとですぐに診察室に戻って結果をきいていただけることも可能になりました。
  3. 高精細な画像でより正確な診断
    FDPの性能と最新の画像処理技術で、高画質でノイズの少ない鮮明な画像を得ることができます。従来の装置(CR)と比較すると、より細かな描出が可能になっていることがわかります。

CRによる画像

耳鼻咽喉科内藤クリニック

FPDによる画像

耳鼻咽喉科内藤クリニック
内視鏡システムのリニューアル
耳鼻咽喉科内藤クリニック
耳鼻咽喉科内藤クリニック
  1. 硬性鏡(鼓膜用、鼻腔用)に接続するCCDカメラをより高機能のものにリニューアルしました。
    高画質の画像が得られるので、通常の鼓膜の観察はもとより、アレルギー性鼻炎におけるレーザー治療の際に威力を発揮します。
  2. 軟性内視鏡は、電子スコープを一新し、サイズ、種類を豊富に揃えました。
    極細径の電子スコープの導入で、鼻腔の狭い方でもスムーズに検査ができるようになりました。
    通常径の電子スコープ使用により、より鮮明な画像が得られますので、たとえば声がかすれたときなどの声帯の詳しい観察に適しています。
  3. 記録した画像は、静止画についてはこれまでも画像ファイリングソフトを使ってデジタル保存していましたが、このたび動画も、電子カルテ上にデジタル保存するように新しいシステムを採用しました。
    これにより、内視鏡所見のみならず、めまいの検査における眼振の動画記録も、検査終了後、直ちに見ていただくことで、検査結果をより分かりやすくお伝えできるようになりました。
めまい検査に重心動揺計を導入

耳鼻咽喉科内藤クリニック

「重心動揺計グラビコーダ」はからだのふらつきや、めまい・平衡障害のスクリーニングに適しています。日本人の健常値データを内蔵し、ニューラルネット(人工知能)解析技術によって、「健常」または「異常」の程度を自動識別します。
従来の平衡機能検査に加えて、重心動揺計の検査を用いることで、めまいの詳細な診断・経過観察に役立ちます。

4. 診療予約システムのリニューアル

耳鼻咽喉科内藤クリニック

2016年12月22日より、診療予約システムの内容を一新しました。
予約専用のWeb サイトができました。
こちらのサイトにて順番の受付、診療の進み具合が確認できます。
また、お電話(自動音声による予約専用電話)でも、順番が取れるようになりました。
お電話の場合でも、診療の進み具合を自動音声で聞くことができます。ネット環境のない方は是非ご利用下さい。

(予約専用電話:050-5305-4990)
5. 診察券のリニューアル

耳鼻咽喉科内藤クリニック

リライトカード採用しました。
従来の紙の診察券でのお名前の手書き、ラミネート加工の行程がなくなりましたので、お待ちいただくことなく、すぐに発行できます。
裏面には診療時間および診療予約システムに関する情報(予約URL、予約専用電話、予約QRコード)を印刷しています。こちらもお役立て下さい。

オンライン予約はこちら(初めての方も利用可能です)

PAGE TOP

PAGE TOP